お台場といえば、ダイバーシティや大江戸温泉物語など大型商業施設が多く隣接し、外国人観光客に大人気のスポットです。私が子供の頃も、東京観光でお台場に来たな〜と思い出しました。その時はフジテレビに遊びに行きましたが、お台場には他にも観光地スポットはたくさん! 今回は当編集部が実際に1日中遊んで分かった、おすすめの観光地スポットを紹介しますよ〜!

スポンサーリンク

デックス東京ビーチ


ゆりかもめ線お台場海浜公園駅の改札を出て右へ曲がるととさっそく見えてくるのが「デックス東京ビーチ」!!デックス東京ビーチは、東京トリックアート迷宮館やマダム・タッソー東京などがあるアイランドモールと、東京ジョイポリスやお台場たこ焼きミュージアム、台場一丁目商店街のあるシーサイドモールの2つに分かれており、全部で約150店舗が入っている最大級のエンタメスポットです。遊びからグルメ、ショッピングまで全て楽しむことができます。
その中で今回、遊び・グルメ・買い物を存分に楽しもうと「東京ジョイポリス」、「お台場たこ焼きミュージアム」、「台場一丁目商店街」に行ってきました。

東京ジョイポリス

東京ジョイポリスは、国内最大級の屋内型テーマパークです。「デジタル」と「リアル」を融合させた「デジタリアル(DegitaReal)」は近未来的な空間で、絶叫系から癒し系アトラクションまで20種類以上のアトラクションが常時楽しめます。またアトラクションだけでなく、プロジェクションマッピングを駆使した映像ショーなど、どこへ行っても非日常の体験が楽しめます。

①ハーフ パイプ トーキョー

こちらは東京ジョイポリスで一番人気のアトラクション。スノーボードやスケートボードのハーフパイプを意識した2人乗りの絶叫系アトラクションで、2人リズムを合わせて点数を競い合います。
左右に揺れながら回転も加わってスリリングな体験ができます。

②フォーチューンフォレスト

ここは“森”をイメージした幻想的な空間で、神秘的なルーン占いにより運命を占うことができます。激しめのアトラクションが多い中落ち着いた空間でのんびり楽しめるアトラクションです。また友達同士、カップル同士の相性も占えます。叫び疲れたときは癒しの音楽を聴きつつ、癒しの空間で自分の運命や相手との相性について占ってみましょう。

③ワイルドリバー ザ・トレジャーハント

最近新しくリニューアルオープンしたワイルドリバー ザ・トレジャーハント。ある秘宝を見つけ出すために、暗い洞窟の中から激しい激流を下って探しに行きます。リアルな映像と音声だけでなく水しぶきや乗り物の激しい動きが加わり、本当に激流を下っているかのようなスリリングな体験ができます。
この乗り物に乗って旅に出かけます。途中水しぶきが何度か掛かってきて動きも激しく、スリル満点です。

住所 東京都港区台場1丁目6番1号 DECKS Tokyo Beach 3F~5F
営業時間 10:00〜22:00
電話番号 03-5500-1801
料金 入場券 大人(18歳以上) 800円、小人500円
パスポート(入場券+アトラクション乗り放題) 大人(18歳以上) 4,300円、小人 3,300円
公式サイト http://tokyo-joypolis.com/

お台場たこ焼きミュージアム

お腹が空いたらランチにおすすめなのが、「お台場たこ焼きミュージアム」です。ここには大阪名物たこ焼きの名店が5店舗集結しており、お台場で本場のたこ焼きが堪能できちゃいます。正統派のたこ焼きからオリジナルの創作たこ焼きまでバリエーション豊富で迷ってしまいます。そこで私たちが5店舗すべてのたこ焼きを食べ比べしてきました!ぜひご参考に~

①天王寺アベノタコヤキ やまちゃん

こちらは大阪・阿倍野で創業したたこ焼き屋さん。やまちゃんの特徴と言えば、旨みたっぷりの生地。数種類の野菜と果物をブレンドして1時間じっくり煮込んだスープで作られています。何も付けずに食べても美味しい、やみつきになる味です。ここお台場にいながら大阪で大人気の本場たこ焼きの味を楽しめます。

店長さんに聞くと一番人気は明石焼き・たこ焼き・ねぎたこの「3点盛 900円(税込)」だということで、注文しました。
スープに力を入れているだけあって生地自体に味がしっかりついていてどれも美味しい!
生地がトロトロで私の好きなタイプでした~!

②芋蛸

こちらは和食の職人が作った創作たこ焼きが人気のお店です。トッピングはねぎポン酢、チーズ、半熟卵などほかのお店ではあまり食べられません。3種類をブレンドした粉と鶏ガラスープを合わせた生地で作った店長のこだわりたこ焼きを食べられます。
店長おすすめの「選べるペアセット700円(税込)」を注文しました。
トッピングは私が大好きなチーズと半熟卵をチョイス♪
たこ焼きの中に国産の山芋の角煮がはいっていて、ホクホク食感が楽しめます。新食感のたこ焼きです。
半熟卵をトッピングしたたこ焼きは濃厚でマイルドな味になって美味しい~~!
トッピングのチーズもとろとろでソースと合う!

③たこ焼 十八番

こちらのお店は、生地が他のお店とは一風変わっています。生地の中に牛乳が入っており、まろやかでクリーミーな味わいを楽しめます。また、たこ焼きの周りにサクサクの天かすがプラスされているので見た目も食感も新感覚なたこ焼きを堪能できます。
店長おすすめの「ハーフ&ハーフ10個入り700円(税込)」を注文。
4種類(ソース・マヨネーズ、塩、天だし、ポン酢)の中から私たちはソース・マヨネーズと塩を選びました!
生地に天かすがついているので、外はサクサク中はトロトロで美味しい~!

④会津屋

こちらのお店は創業昭和8年のたこ焼き発祥のお店です。一口サイズで小ぶりなたこ焼きにはソースをかけずそのまま食べます。会津屋といえばラヂオ焼きという牛肉とこんにゃくなどを入れたたこ焼きが有名。昔から大阪で愛されている味を楽しむことができます。
店長おすすめの「三種盛 12個630円(税込)」を注文。
私たちはたこ焼き、ラヂオ焼き、ねぎ焼きの3つを食べました。
牛肉の入ったラヂオ焼きは肉の味が濃くて美味しい~!
ここのたこ焼きは一口サイズで食べやすいし、ソースが無いので持ち運びにも便利。

⑤道頓堀くくる

新鮮な大きいタコが入ったくくるのたこ焼きは大阪で非常に有名なお店です。ワインで風味を加えたくくるこだわりの生地と、ぷりぷりの大きなタコ、シャキシャキのねぎを使ったたこ焼きが自慢。たこ焼きだけでなく特製の出汁に付けて食べる明石焼きも絶品。
くくるで人気No1の「道頓堀セット 12個 980円」はたこ焼き、明石焼き、チーズ焼きの人気の味が一度に楽しめます。
大ぶりのたこやきはボリュームがあり、生地は口に入れた瞬間とろ~りとろける!
チーズ焼きは濃厚なチーズがカリカリになっていて美味しい!

今回5店舗のたこ焼きを食べましたが、どのたこ焼きも個性があって美味しい!大阪のたこ焼きは柔らかくとろとろの生地が特徴的で、生地自体に味がしっかりついているのでそのままでも美味しいし、ソースをかけても美味しいです。
その中でソース要らずの会津屋たこ焼きは、本場大阪で有名なたこ焼き屋さんの味をお台場で楽しめてうれしかったです!

台場一丁目商店街

台場一丁目商店街は、昭和30年代の日本の町並みをイメージした商店街で、昔ながらの駄菓子屋さんやゲームセンター、お化け屋敷など様々なジャンルのお店が約20店舗集結したテーマパークです。

①からくり百貨店
からくり百貨店にはさまざまなお菓子や駄菓子がずらりとならんでいます。中国人観光客に人気のキットカットも♪

②江戸屋
こちらのお店は、昔ながらの駄菓子屋さん。
色とりどりの飴玉が店頭に並んでおり、自分の好きな飴を選んで購入できます。

ここ、台場一丁目商店街には今回ご紹介したお店以外にも和雑貨やアクセサリー、おもちゃも販売しています。お祭りに来たようなワクワク感のあり、現代とはまた違った昭和の雰囲気を味わえますよ♪

住所 東京都港区台場1−6−1
営業時間 シーサイドモール 3F ショップ・カフェ 11:00〜21:00
4F 台場一丁目横丁 11:00〜21:00
お台場たこ焼きミュージアム 11:00〜21:00
5F レストラン 11:00~23:00
6F レストラン 11:00~24:00
アイランドモール 11:00~21:00
電話番号 03-3599-6500
公式サイト http://www.odaiba-decks.com/

ダイバーシティ東京 プラザ


ダイバーシティ東京(DivercityTokyo Plaza)は国内外の人気カジュアルブランドや、 ザラやユニクロ、オールドネイビー、Forever21などのファストファッションブランドが約 154店舗一堂に揃う大型複合商業施設です。ファッションだけでなく、 エリア最大級のフードコート、ボーリングやスポーツが楽しめるエンターテイメント施設があり、遊んで食べて買い物して様々な体験ができ、他の施設にはない魅力がいっぱい詰まっています。また、 DivercityTokyo Plaza といえば「実物大ガンダム立像」が有名で、日本のみならず海外からの観光客を魅了しています。老若男女すべての世代で楽しむことができるお台場を代表する観光スポットです。

東京グルメスタジアム

東京の名店を中心とした飲食店が13店舗が集まった東京グルメスタジアムは約700席もありエリア最大級と言われるだけあって非常に広いです。かつ丼、ラーメン、中華、カレー、うどん、クレープなど様々なジャンルの食事が楽しめます。
どれも美味しそうで迷ってしまう~

迷いに迷って決めたのがこちら!「洋食や 三代目 たいめいけん」
こちらのお店は、日本橋にある 昭和6年創業の老舗洋食店。たいめいけんを代表するオムライスをはじめ、カレーやハンバーグなども大人気メニューです。
お店の方におススメのメニューを聞いて頼んだのが、「オムライス&国産粗挽ハンバーグ 1,560円(税込)」
お、美味しそう~~~!

ん~、美味しい!幸せ~!
ふわふわとろとろの卵とバター風味が際立つケチャップライスがまさにベストマッチ!
ハンバーグは肉汁がたっぷりで甘く、柔らかいです。ハンバーグにかかったデミグラスソースがさらに美味しさを引き立てています。絶品です!あっという間に食べちゃいました!

住所 東京都江東区青海1-1-10
営業時間 ショッピング・サービス 10:00~21:00(一部ショップは異なる)
フードコート 10:00~22:00(一部ショップは異なる)
レストラン 11:00~23:00(一部ショップは異なる)
電話番号 03-6380-7800
公式サイト http://www.divercity-tokyo.com/

記事始めの目次に戻る

パレットタウン大観覧車


お台場のシンボル、パレットタウンにある大観覧車に行ってきましたよ~!
こちらの観覧車は東京タワー、東京スカイツリー、東京ゲートブリッジ、レインボーブリッジの日本を代表する名所を一挙に一望できて抜群の眺望が楽しめます。高さ115mの観覧車に乗って16分間の空の旅を満喫できます。夜になると景色が一変してイルミネーションが非常にきれいです。大観覧車では季節をイメージしたイルミネーションを季節ごとに見ることができ毎シーズン違う景色を堪能できますよ!
パレットタウンを歩いていくと、見えてきました~!大観覧車!
何年振りだろう?昔のこと過ぎて覚えていませんが、十数年ぶりに乗ります。
ゴンドラを2種類から選べます。カラーゴンドラは通常通りのゴンドラで、シースルーゴンドラは床や壁が透明になっていてスリル満点です。スリルを味わいたい人はシースルーゴンドラがおすすめです♪
東京タワーが見えました!!
この日はあいにくの天気であまりきれいに見えませんでしたが、スカイツリーも隣に見えていました。周りはカップルばかりでしたが、周りの目を気にせず女友達と3人でお台場の景色を楽しみました(笑)

住所 東京都江東区青海1-3-10
営業時間 10:00~22:00
電話番号 03-5500-2655
公式サイト http://www.daikanransha.com/

大江戸温泉物語


大江戸温泉物語は、江戸の町を再現した日本発の温泉テーマパークです。日帰りで気軽に行ける温泉施設として子どもからお年寄りまで幅広い年代から愛されており、土日になると大賑わいの楽しいスポットです。温泉だけでなく足湯や縁日、食事処も充実しており一日中居ても飽きません。大江戸温泉物語の大きな特徴は、入館後すぐに浴衣に着替え浴衣姿で江戸の町を歩き回ることができる点。今では日本に訪れた外国人の観光スポットとして大人気で、江戸の雰囲気を存分に楽しむことができます。英語や中国語にも対応しており、日本語を喋ることができない人でも安心して利用することができます。

 大江戸温泉物語はゆりかもめのテレコムセンター駅が一番近いです。
テレコムセンター駅の改札を出て左に曲がり、エスカレーターを降りてから3、4分歩くと見えてきます。
玄関を入るとすぐに江戸の情緒を感じさせる受付ロビーが広がっています。館内は清潔感があってとてもきれいです。玄関で脱いだ靴は下駄箱に入れ、カギは無くさないようにしまっておきましょう。カウンターへ行き、先に入館料を支払って「通行手形」をもらいます。通行手形にはロッカーのカギとバーコードがついており、館内でお金を使う時このバーコードで支払いをします。そして最後に退館するとき、館内で使った分を会計します。
女性は5種類、男性は4種類、お子様は数種類の中から好きな柄の浴衣と好きな色の帯を選べます。

浴衣に着替えるときいつも迷うのが右が前か左が前かということ。しかし大江戸温泉物語の浴衣は一切迷う必要ありません。女性の浴衣には右前身頃に紐がついているので紐がついている方を内側にして着れば大丈夫です。浴衣に着替えたらさっそく江戸の町へ出かけましょう。

こちらの足湯は江戸時代に整備された五街道のひとつ、「東海道五十三次」をテーマにしています。浴衣を着たままでも利用できる足湯は700坪の日本庭園に全長50mの長さの湯の道です。家族や友達、カップルなどが足湯の淵に座ってのんびり過ごしています。足湯の道には足裏を刺激する丸石がいくつも埋め込まれており、足つぼマッサージをされているような気分になります。

暗くなるとライトアップされてとてもきれいです。

足湯で体も心も癒されたあとは、屋台で遊びましょう。
屋台には手裏剣投げやスーパーボールすくい、ダーツなど8つのゲームがあり、どれもお子様から大人まで楽しめます。


さっぱりした飲み物が飲みたい!と思っていたらすぐそこにこんなものが。
グレープフルーツを丸ごと使ったグレープフルーツジュース。

注文してから、グレープフルーツの果実を専門のミキサーにかけて作ってくれました。
正真正銘、無添加のグレープフルーツのみのジュースです。

少し苦くて甘い、とってもさっぱりして美味しかったです!

住所 東京都江東区青海2-6-3
営業時間 11:00~翌9:00 最終入館時間 朝7:00 (完全入替制)
電話番号 03-5500-1126(受付時間9:00~19:00)
料金 大人(中学生以上)昼間料金 平日2,380円、土日・祝日2,580円、特定日2,680円
   大人 ナイター料金(18時以降入館) 平日1,880円、土日・祝日2,080円、特定日2,180円
   小人(4歳~小学生) 一律980円
   4歳未満  一律 無料
公式サイト http://daiba.ooedoonsen.jp/

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回私が行ったお台場の観光スポットは、まさに定番中の定番の人気スポットです。遊べる場所がいっぱいありすぎて1日では足りないほど。大観覧車の隣には、ヴィーナスフォートというアウトレットもあり、ショッピングも楽しめます!次はショッピングメインで行こうかな〜!その時はまた紹介しますね。

スポンサーリンク
おすすめの記事