年末年始に多くの方が楽しみにしていて家族団らん・親戚一同集まっての新年会、気心の知れた友人と集まって開催するカニパーティー。様々なシーンで活躍する誰もが喜ぶ絶品の豪華高級グルメと言えばカニですよね。
豪華なタラバガニを筆頭にズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニを食卓で囲めば、誰もが笑顔になってカニを無心で食べ続けます。自宅にお取り寄せで新鮮なカニを食べるには、ネット通販で購入できるカニを購入するのがもっとも安価な上に新鮮なカニを食べられます。しかし、ネット通販でカニを購入する時に気になるのが身が詰まっていないスカスカのカニを買ってしまったり、カニの味が抜けている商品を購入してしまう失敗です。
そこで今回は、カニビギナーのためにカニ専門通販を始めとして50社以上の生鮮品通販サイトを独自調査・独自評価してきた筆者がカニを通販で買う時に失敗しないための基礎知識を紹介していきます。

スポンサーリンク

カニ通販で失敗しないための5つの基礎知識

カニ通販で失敗しないための基礎知識を紹介していきます。
同じ時期・同じ漁場で獲れたカニでも個体差が存在するため、同じ会社で販売しているカニでも身の詰まり方や味に高い確率でバラツキが出てしまいます。果物やフルーツに当たり外れがあるようにカニにも少なからず当たり外れがあります。そのため、過度な期待を持ってカニを購入すると理想と現実のギャップに大きなショックを受けると共に失敗したというネガティブな感情が巻き起こります。

 基礎知識をチェックしていく前に活きカニを購入する以上は、個体差があり全て同じ品質を実現できない点だけは理解しましょう! カニの品質にバラツキが出るのも旬なカニを食べている証拠ですよ!

カニの販売実績と通販の運営年数

まず、第一に重要な点がカニの販売実績と通販の運営年数です。北海道の毛ガニは産地によって最盛期が異なるので、年間を通して旬のカニが手に入りますが、自宅でのカニお取り寄せ需要は90%以上が年末年始に集中します。
もうここまで言えば分かりますよね? 年末年始に最強に忙しい繁忙期が訪れます。レストランで例えるなら常に行列が続いているランチピークタイムのような状態が続きます。通販の運営年数が浅いと年末年始の繁忙期のピークに対応できずに梱包・配送が雑になったり、商品到着が遅れたり、誤配送が発生してしまう可能性が高くなります。
また、可能性としては低いですが、カニの販売実績が乏しいと繁忙期に売り切れずに冷凍され続けたカニが次の年に販売される可能性も少なからずあります。

 カニの販売実績と通販の運営年数は結構重要です。せっかく高品質で身詰まりが良い美味しいカニが届いても、予定より1週間も遅くなった上に梱包が雑だったら残念で失敗した気持ちになりますよね。年末年始に嫌な気持ちになるのはダメです。通販に精通した会社から買いましょう!
生鮮品を扱う通販サイトを選ぶ上で通販に精通している点は重要です!

信頼性があるカニ通販を知る

長年の運営実績と販売実績がある上に口コミ評判が良くリピーターが多いカニ通販を利用すると失敗する可能性が低くなります。ただし、本当に品質が良いカニ通販をネットで選ぶのはプロの目を持っていても難しいのが現実です。当編集部で独自調査したカニ通販で評価が良かった通販ショップを下記の記事でまとめて紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください!

カニの種類と適正価格

日本の近海に生息しているカニの種類は1000種類以上と言われていますが、食用ガニとして全国的に知名度が高く老若男女問わず愛されているカニの種類はとても少ないです。下記の種類のカニが食用として愛用されています。タラバガニ⇒ズワイガニ⇒毛ガニ⇒花咲ガニの順に安くなっていきます。タラバガニがもっとも高級なカニとして販売されています。タラバガニは漁獲量が年々減少傾向にあり、希少性が高い点が値段が高騰している要因として挙げられます。

  • カニの王様:タラバガニ
  • カニの女王様:ズワイガニ、紅ズワイガニ
  • 毛ガニ
  • 花咲ガニ

上記のカニが日本4大カニとして広く愛されているカニの種類です。タラバガニを本タラバガニと表記するケースもありますが、どちらも同じタラバガニです。タラバガニと似ているアブラガニとの混合を避ける目的で本タラバガニと表記する通販サイトがあります。
また、本ズワイガニとズワイガニと表記している通販サイトがありますが、多くの場合、本ズワイガニという表記があったらズワイガニ、ズワイガニという表記があったら紅ズワイガニと考えておくと良いでしょう。本ズワイカニの方が高級なカニです。

タラバガニは、15,000円前後、ズワイガニと毛ガニは10,000円前後、花咲ガニは8,000円前後で家族で満足できるカニセット(500g〜1Kg前後)を購入できる通販サイトが多いです。この価格帯がカニの値段相場とも言えます。ただし、量や訳ありカニなどで値段は異なります。値段相場と比べてあまりにも安すぎたり、高すぎるカニは選ばない方が良いでしょう。

 冒頭でも紹介していますが、毛ガニは産地ごとに最盛期の旬の時期が異なります。宗谷は1月〜7月頃、オホーツクは3月〜8月頃、噴火湾・苫小牧は6月〜8月頃、えりも(日高)は11月〜2月頃、十勝・釧路・根室は1月〜4月と9月〜12月頃です。季節に応じて毛ガニが美味しい産地のカニを買うのが良いでしょう!

カニの販売形態を理解する(冷凍・むき身・足・姿など)

カニ専門の通販サイトで販売されているカニは主に下記の種類に分かれます。

  • 生むき身(ポーション)、ボイル済み(足・肩足)の急送冷凍品……タラバガニ・ズワイガニ
  • ボイル済みカニ姿(甲羅付き)の冷凍品……タラバガニ・ズワイガニ・毛ガニ・花咲ガニ
  • 未冷凍の朝茹でボイル済みカニ……タラバガニ・ズワイガニ・毛ガニ・花咲ガニ

急速冷凍された生カニのむき身、ボイルされたカニ足、ボイルされたカニ姿の冷凍品、未冷凍の朝茹でカニが中心となって販売されています。
生むき身ポーションは既に殻が剥かれているので食べやすい点が特徴です。ホテルバイキングや旅館ブッフェで提供されるカニを食べたいならボイル済みのカニ足を注文しましょう! 小さい子供がいて大きなカニを見せたいなら姿カニを買うとベストです!

 各社の解凍マニュアルに基づいてカニを解凍して食べると、もっとも美味しい状態のカニが食べられます。なお、毛ガニは解凍する時に鍋蒸しもおすすめです!

旬の季節にカニを買う

各社のカニ通販はもっとも需要が多い11月〜12月前後に旬を迎えるカニを大量買い付けして品質が良いカニを販売しています。なるべく消費者がカニを買い求める時期にカニを買うと良いでしょう。レストランでも忙しい時間帯に行った方が常に炊きたてのご飯が提供されますよね。逆に暇な時間帯に行くとランチ残りのあまり美味しくないご飯が提供されるケースがあります。もっとも旬の季節にカニを買うと良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。カニ通販を利用する前に知っておくべき失敗しないためのカニ通販の選び方を紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。年末年始に美味しいカニを食べるために理解しておきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事