JR五反田駅から電車に乗って5分。東京で一番長い大型商店街といえば「戸越銀座商店街」。商栄会ゾーン、中央街ゾーン、銀六会ゾーンの3つのエリアに分かれており、全長約1.3kmの関東有数の長さを誇る商店街です。
「戸越」という地名は、江戸を越えた土地という意味の「江戸越え」に由来すると言われています。 現在日本には数多くの銀座と名のつく地名がありますが、日本で1番はじめに銀座という名前を譲り受け、「戸越銀座」という地名が誕生しました。今回はそんな伝統あふれる商店街「戸越銀座商店街」へ当編集部がぶらり散歩に行ってきたので、そのときに食べたおすすめの食べ歩きグルメを紹介します。

スポンサーリンク

戸越銀座商店街


戸越銀座は、JR山手線 五反田駅から東急池上線で5分。現地へのアクセスは駅チカでラクチンですよ。

商店街沿いには約400件もの店舗が軒を連ね、平日でも1万人以上が来客する非常に活気のある商店街です。駅を背にして右が「商栄会ゾーン」、左が「中央街ゾーン」です。まずは商栄会ゾーンを散策しましょう♪

商栄会ゾーンはどちらかと言うと飲食店より生活中心の店舗が多いです。食べ歩きや食事を食べたい方は商栄会ゾーンでなく、中央街ゾーンに足を運びましょう。

魚和


調理したてのまぐろを買うことができます。その場でさばいたお刺身も楽しむことができ、昔から続く伝統の味と職人の包丁でさばいたお刺身を食べることができます。

後藤蒲鉾店


こちらは戸越銀座コロッケでも異色を放つおでんコロッケを楽しむことができます。おでんを買えば店内でゆっくりとおでんとおでんコロッケを楽しめます。戸越銀座でもイチオシのお店です。ジャニーズや芸能人もたくさん来店されるお店です。


続いて銀六会ゾーンは、昔からある伝統的なお店が立ち並びます。まさに日本の伝統的な商店街の佇まいを楽しむことができる場所です。

店頭で揚げたてのカレーパンを楽しむことができます。日本の伝統和食、甘辛い日本カレーをサクサクのドーナッツに包んでいます。ここのカレーパンは店頭で揚げたてを買うことができます。ぜひ、ご賞味あれ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は東京で一番長い大型商店街「戸越銀座商店街」へぶらり散歩してきたので、戸越銀座商店街の様子とおすすめ食べ歩きグルメを紹介しました。商栄会ゾーン、中央街ゾーン、銀六会ゾーンの3つのエリアに分かれており、全長約1.3kmの関東有数の長さを誇る商店街です。昔ながらの街並みが残る商店街を食べ歩きグルメと共にお楽しみください。当編集部は戸越銀座商店街にすっかり魅了されました。皆さんもぜひ戸越銀座の魅力を感じてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事