新宿からほど近い場所にあり、都心のど真ん中にあるとは思えないほど静かで、ゆっくり落ち着ける庭園です。明治39年、今から110年前に誕生した新宿御苑は、皇室の庭園として造られました。緑豊かで広大な敷地の中には、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園と日本庭園の3つの庭園があり、日本でもあまり見ることのできない風景庭園です。フランスやイギリスを思わせる庭園があり、新宿というアクセスの良い場所にあるということもあり、日本人はもちろんのこと、今では海外からの観光客にも大人気で人気観光地スポットとなっています。そんな村塾御苑で四季折々に楽しめる魅力的な景色を一挙に紹介します!

スポンサーリンク

新宿御苑


10万本を超える植物が植えられている自然豊かな新宿御苑は、季節の移り変わりによって全く異なった表情を見ることができます。東京のど真ん中にいるにもかかわらず、一年中様々な植物を楽しむことができるのです。

春になると桜が咲き、地元の人や観光客を含め多くの人で賑わっています。

秋には木々が紅葉し、とても綺麗です。

園内には休憩スポットや食事処がたくさんあります。そのため、食べ物やお手洗いに不便なく、1日中ゆったりとした時間を過ごすことができます。


その他、重要文化財の旧洋館御休所、茶室、大温室など様々な施設があります。園内の売店には季節限定のスイーツやおみやげがあり、新宿御苑限定の和風柄ハンカチや手ぬぐいも販売しています。

ベンチも道の途中にたくさんあるので、ベンチに座ってゆっくり本を読んだり友達と喋ったり、昼寝したり、自分の時間を過ごせます。飲食の持ち込みもOKなので、のんびりお昼ごはんも食べられますよ。ただし、アルコール飲料も持ち込みは禁止されているので注意しましょう。

入園するには、新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門の3箇所から入ることができ、それぞれ丸ノ内線新宿御苑前駅、都営新宿線新宿三丁目駅、JR総武線千駄ヶ谷駅などから歩いていくことができます。新宿門側から入ると日本庭園、大木戸門から入るとイギリス風景式庭園、千駄ヶ谷門から入るとフランス式整形庭園が近くにあります。

住所 東京都新宿区内藤町11
営業時間 9:00~16:30 (入園は16:00まで)
温室等の施設は入園時間に制限あり
定休日 月曜日、春と秋に特別開園(期間中無休)あり
入園料 大人200円 小中学生50円
公式サイト http://fng.or.jp/shinjuku/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は新宿という都会のど真ん中にある人気のスポット「新宿御苑」についてご紹介しました。自然豊かで四季折々の景色を楽しむことができる日本でも有数の魅力的な場所。日頃に疲れてゆっくり過ごしたいという日には新宿御苑でゆっくり1日過ごすのもいいですよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事